飾り線上

涼しい仏滅の朝は微笑んで

飾り線下
2年前、体の調子が悪いのに、食生活と、睡眠の質が変だったので、吹き出物が増えた。
このままじゃヤダと思って、生活リズムを送り、肌ケアに役立つ事をし続けようと情報収集をした。
数多くの雑誌で崇拝されていたのが、アセロラドリンクだ。
今でもごくごくと飲んでいる。
あのレモンよりもCが豊富に含まれているとの事だ。
健康と美しさは結局フルーツから出来るのかもしれない。

勢いで走る姉妹と季節はずれの雪
数年前の夜遅く、私は当時付き合っていた恋人と、都内から高速道路を利用し、サザンビーチに向かった。
と言うのは、お気に入りの一眼レフで写真を撮るためだったけれど、なかなかうまく撮ることができない。
ビーチは久しぶりだったから、写真に飽きるとヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
だんだん飽きて、砂浜で山を作ることをして遊びはじめた。
それ位までは、おそらく近くにあったキャノンの一眼レフ。
思いっきりはしゃいで、帰宅最中、ガソリンスタンドで一眼レフが鞄に入っていない事に気が付いた。
がっかりして部屋まで帰ったけれど、長い間、最高に切なくなったのを覚えている。
数多くのメモリーが記憶されていた宝物のデジタル一眼、今はどの場所にいるんだろう?
飾り線上

雪の降る火曜の午前に想い出に浸る

飾り線下
久々に、麻衣子と明日香と旅行に行ってきました。
明日香と麻衣子は、私の学生時代の仲間で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般とトイックなので、旅行が好きな学生たちでいっぱいでした。
特に、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で色々なところへ旅をした思い出は忘れられません。
私は元々そんなに仲のいい友人が多くないし、それで十分だと満足しています。
という事で、とても嬉しい言葉だけど、横で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもツボでした。

そよ風の吹く祝日の午後はシャワーを
恐怖はいっぱいあるけれど、大海原が非常に怖い。
しかも、グアムやハワイなんかの水色の海ではない。
それ以上の恐怖は、駿河湾などの暗い海だ。
つい、どこを見ても海、という状態を想像して怖くなってしまう。
それが味わってみたかったら、open water というシネマがベスト。
ダイビングで海に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで繰り広げられる。
どう考えても、私には恐怖の内容だ。
現実に起こり得るストーリーなので、感情移入はたっぷり味わえる。
飾り線上

ひんやりした土曜の昼はお菓子作り

飾り線下
本日の晩御飯は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと思案していた。
ハンバーグやオムライス、エビフライにポテトフライ、なんてメニュー表にはどんな物があるのかとても楽しみでもあった。
今回は近くにある和風レストランだ。
お父さんが運転してくれている車はそろそろ目的地に到着する頃だ。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の隣で、イヤホンで音楽を聴いている。
少年は車から降りると駆け出して、ワクワクしながら、店の入り口を誰よりも先に開けた。

ゆったりと熱弁する姉妹と穴のあいた靴下
よく一緒にいるちかこは頭がキレる。
頭が良いなーと思わされる。
ほとんど人を悪く言ったりはしない。
何この人?と感じても、とりあえず相手の気持ちを酌む。
ということから、視野が膨らむし、我慢強くなれるのだ。
考えを押しとおす事より、この方がちかこにとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、その経験を次回の糧にするやり方をよく理解している。
飾り線上

雨が降る大安の夜明けにひっそりと

飾り線下
そしてお客様は、ほぼ買い物目的の日本人という様子だったのでその光景にびっくりした。
店内の客は、ほとんどが日本からの観光客という状態だったので、その不思議な光景にもびっくりした。
なんでも、韓国製の化粧品は効果抜群なくらい成分が多く使用されているとか。
もちろん、化粧品にも興味はあったけれど、店の人の日本語にも素晴らしいと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が支障なく話せている。
私は、過去に勉強した韓国語を使おうと行った韓国だけど、必要ないくらいに。
口にする機会が多いほど、努力すれば外国語をマスターできるということを教えてくれた旅行だった。

泣きながら泳ぐ家族と濡れたTシャツ
関東地方でも江戸の頃より有名な町が、隅田川に近い浅草。
中でも歴史のあるお寺が浅草の観音様。
そこそこ近頃、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しぶりに行く都内浅草参拝。
さらに、自分の目できちんと直視して分かったのは、日本人じゃないツーリストが多いこと。
各国より観光客が集まってくる浅草は、以前よりどう考えても増えた。
というのは、世界で一番の電波塔、東京スカイツリーが建った関係もあるといえるだろう。
近隣の国からは、羽田のハブ化に伴って便利になったという事で、プラス、ヨーロッパ諸国やアメリカ方面は、着物や和装小物に憧れて来ているお客様が多数だと感じる。
とにかく、これから先も多くの外国人観光客が来るということを予想させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、豪華絢爛な本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、チタン瓦を使って、改修工事を行ったそう。
本堂の秘仏の観音様に日本の平和を祈りしっかり御祈願してきた。
今年の成果が、いつか表れますように。
飾り線上

騒がしく熱弁する先生と俺

飾り線下
見入ってしまうくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
私は一度ありました。
バス内で20代前半くらいの女性。
女の私ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいケアをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
だけど、本人から醸し出すオーラは絶対に存在しますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと感じました。

雪の降る火曜の午前に昔を思い出す
学生のころよりNHKを視聴することがめちゃめちゃ多くなった。
昔は、両親や叔母が見ていたら、NHK以外のものが視聴したいのに思っていたが、このごろは、NHKも視聴する。
おもしろい番組がとても少ないと考えていたけれど、ここ最近は、かたくない番組も増えたと思う。
それから、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でない内容のものや息子に悪影響がものすごく少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえたいそう暴力的に見える。
毎回ぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー


Copyright (C) 2015 雨の火曜日は行列に並ぶ All Rights Reserved.
レトロ飾り