飾り線上

目を閉じて自転車をこぐ彼女と冷めた夕飯

飾り線下
いつものスーパーマーケットで買い出しをしていた。
冷食のコーナーで、ポテトを探していた。
いろいろ探していたら、ハングルで書かれた冷凍食品を発見した。
良く見て確認すると、韓国のおもち、トッポギだった。
この夏、韓国へ遊びに行ったときに、幾度となく韓国に旅している親友にリスペクトされたのがトッポギ。
ここ日本で冷食として、韓国のトッポギが売られているなんて、心外だった。

どんよりした祝日の早朝は外へ
なにかしらプレゼントを考えなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、妻に喜んでもらえるおくりものを渡したいのだがものすごく良い贈り物が決まらない。
嫁に何か手に入れたいものがあればいいのだが、あまり、物欲がないので、喜びそうなものが見当たらない。
ただし、内緒で嬉しがりそうなものを見つけて驚かせて喜ばせたい。
飾り線上

気どりながら跳ねる君と草原

飾り線下
近頃のネイルサロンは、ジェルなど、かなり難しい技が駆使されているみたいだ。
少しだけサービスしてもらえる招待状を貰ったので、行ってみた。
かなり、色やデザインに関して、優柔不断なので、決めるのに時間を使った。
親指に簡単なネイルアートをしていただいて、かなりテンションが高くなった。

雲の無い休日の午前はシャワーを
普段、なるべく大人しめのファッションが好きな私は、周りに驚かれるけれど。
タイツやコスメや時計まで勢ぞろいで、ラインで使いたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、ジル・スチュアートは魅力的だ。
飾り線上

蒸し暑い祝日の昼に昔を懐かしむ

飾り線下
求められて、うじゃうじゃとあるモウソウダケの除去をお手伝いしていたが、竹がとってもたくさんでつらかった。
山の持ち主が土地の管理を両親から受け継いだら、モウソウダケがはびこりすぎて、手のいれようがなかったそうだ。
私たちは、ちょっと仕事で使用する太い竹が欲しかったので、もらえることになり、ちょうど良かったが、急斜面の里山から出すのも大変だった。

雲が多い週末の夜明けに冷酒を
たしなむ程度のお酒のおともに、そこそこ体に良い食材を!と思っている。
ロングヒットな酒の友はトマト。
それ以前はサバ。
それから、最近は、明太子だけれど、高いのであきらめた。
昨日、新しいレシピを発見した。
買い物に行けば80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、みりんと塩コショウを少々ふりかけて味付た物。
かなり料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。
飾り線上

ゆったりと踊るあいつと穴のあいた靴下

飾り線下
アンパンマンは、子供に人気の番組だけど、しかし非常に攻撃的に見える。
話の最後は、アンパンチといって殴って終わりにする時がたいそう多いように見える。
幼児にもとっても悪い影響だと思える。
ばいきんまんとその他が、そんなにひどいことをしていない内容の時でもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見つけたら、やめろと怒鳴りながらもう殴りかかっている。
わけを聞くわけでもなく問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、殴って話を終わらせるから改善されず、いつまでたっても同じだ。
想像するのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

陽気に踊る妹と気の抜けたコーラ
働き始めて間もないころ、知識がなく、目立つごたごたを起こしてしまった。
悔いることはないと話してくれたお客さんだが、挽回の方法も考え出せず、号泣してしまった。
お客さんの一人が、タリーズのコーヒーをあげる、と言ってくれた。
間違って2つもオーダーしちゃったんだ、と言いながら違う種類の飲み物2つ。
背が高くて痩せててすっごく親切そうな表情をした良い人。
悪かったな、と思い出す。
飾り線上

寒い水曜の夜は焼酎を

飾り線下
毎年、雨の多い梅雨の時期がお気に入りだ。
部屋はじめじめするし、出かければ濡れるけど。
一つの理由として、幼いころに、雨の日に見たあじさいが美しく、以来この花を楽しみにしている。
出島で付き合っていた、シーボルトと瀧の紫陽花の中でのデートの話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人の中に紛れて来日した、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言う。
雨の日にけなげに咲く紫陽花を目にして何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
それが訛って、あじさいはおた草と異名を呼ばれるようにもなったらしい。

雲の無い金曜の晩は友人と
同僚が此の程チヌ釣りによくスポットに行ったらしい、少ししかかからなかったらしい。
小魚がいっぱいで、フカセ釣りがしにくかったらしい。
だけれども、しかしイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、いいなと思う。
昔、いただいて新鮮なうちに口にしたがものすごく脂がのっていておいしかった。
大物でおいしい魚があがったと話を聞いたら楽しみでしょうがないが、まだ我慢して今度だ。

小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー


Copyright (C) 2015 雨の火曜日は行列に並ぶ All Rights Reserved.
レトロ飾り